Facebook Twitter
laethora.com

CD マスタリング施設: 概要

投稿日: 行進 23, 2022、投稿者: Jonathon Bruster

この施設は、エンジニアのため、CDのCDをほぼ同じように理解するために使用されていました。 CDのマスター施設は、録音スタジオとは異なります。録音機器とマスタリング機器の両方から機能している場合でも、ほとんどのハイエンドCDマスター設備は別々です。 さまざまなCDマスタリング施設にある機器の種類はさまざまです。 一部の施設では、すべてのアナログ機器を使用しています。 他のものはデジタルギアのみを使用しますが、いくつかは両方の形式のデバイスを持っています。 | - |

多くのCDマスターエンジニアは、録音とマスタリングのために別の施設で作業することが賢明であると考えています。 さらに、多くの人は、非常に異なる訪問者がCDを記録するのが最適であると考えています。 レコーディングの生産者とミキサーが考えないかもしれない入力を提供するために、良い新鮮な耳を手に入れることは常に賢明です。 言うまでもなく、レコーディングアーティストは、レコーディングからマスタリングまで、制作のすべての領域を提出する必要があります。 | - |

CDマスター施設は、いくつかの重要な方法でレコーディングスタジオから変化します。 マスター施設は通常、まったく同じテクニックレコーディングスタジオで音響的に設計されていません。 たとえば、マスタースタジオには、多くの場合、録音を妨げる可能性のある大きなコンソールと監視デバイスがあります。 通常、マスタリングスタジオ内の装置の分散は少なくなります。 | - |

原則としてCDマスター設備には、アナログギアまたはデジタルギアがあります。 どちらのタイプにも支持者と中傷者がいますが、どちらのタイプも使用して優れたサウンドCDを作成できます。 アナログ機器はより古いものですが、温かく有機的な音を作り出します。 あるいは、デジタルテクノロジーは一般的に生産のほとんどの地域でアナログを置き換え始めており、数人の人々は、録音とマスタリングが近い将来に間違いなく完全にデジタルになると考えています。 その理由の領域は、デジタルプロセッサとモニターが非常に正確な調整を行い、レコーディングから外部のサウンドを排除するのに役立つためです。 | - |

CDマスター施設は、録音のあらゆる部分を聞くために最適な環境を提供するために作られた最先端の部屋です。 教育を受けたエンジニアが利用する満足のいくマスター施設は、驚異的なマスターに優れたミックスを作ることができます。 | - |