Facebook Twitter
laethora.com

インターネットがミュージシャンにどのように役立つか

投稿日: 六月 16, 2023、投稿者: Jonathon Bruster

誰もが音楽業界に対するインターネットの悪影響について語っています。 違法なファイルの共有と著作権違反により、ビジネスの利益が減少しました。 レコードラベルは、利益が枯渇したため、新しいアーティストとリスクを負う意思がありません。 大部分が違法ダウンロードの拡散により、過去数年間で売上が着実に減少しています。 それはすべて正しいですが、このコインには2つの側面があります。 確かに、今ではこれまで以上に新しいミュージシャンにとって物事は困難ですが、インターネットのために新しい機会もあります。 | - |

World Wide Webは、音楽業界への参入に対する障壁を減らしました。 今日、テクノロジーの急速な進化の結果として、ミュージシャンは歌を録音し、世界中のリスナーと共有できます。 以前は、供給はレコードラベルによって制御されていました。 あなたが記録的な契約を結んでいない限り、あなたのすぐ近くのエリアからリスナーに連絡することはほとんど不可能でした。 | - |

分布は制御されただけではありませんでしたが、物理的な分布の高コストを回避する方法はありませんでした。 CDまたはテープのバッチを製造することは、飢えたアーティストにとっては法外に費用がかかる可能性があります。 しかし、World Wide Webを介した無料のMP3配信により、アーティストの音楽が世界中に届くことができます。 新進気鋭のラテン歌姫は、ヨーロッパの誰かと彼女の歌を共有できます。 アフリカの次のロックスターは、彼の歌を日本の人と共有できます。 World Wide Webは、アーティストがいつでもどこでも、誰とでも自分のアートを共有できるようにするドアを開きました。 | - |

現在、Amazonなどのオンライン小売業者を使用すると、アーティストは自分で音楽を販売して販売することもできます。 確かにそれは大変であり、多くのお金を稼ぐことを期待していません。 しかし、歌手やバンドは、10年前に不可能だった今日のマナーのレコードレーベルに頼ることなく、曲を販売して共有できます。 | - |

インターネットは人々がつながるのを助けます。 音楽は非常に個人的な経験であり、人々は聴いているものに独自の好みを持っています。 インターネットにより、特定のスタイルを好む人々が簡単にグループ化することを好む人々は、他の方法で聞く機会がなかったであろう新しいアーティストについて話し合うことができます。 | - |

さて、誤解しないでください。 音楽は難しいビジネスです。 売り上げが低下し、利益が厳しくなると、誰もが音楽ビジネスから生計を立てるのが難しくなります。 しかし、あなたが素晴らしい一日の仕事をしていて、音楽自体のために音楽を作成するのが好きな場合、インターネットは信じられないほどのイネーブラーになります。 | - |